学会発表

シンポジウム・教育公演・セミナー等

シンポジウム・教育公演・セミナー等 過去の開催履歴はこちら

矢部一郎 第16回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 教育講演5
講演題名:小脳性運動失調症の鑑別
日時:2022年7月22日
矢口裕章,阿部 恵,
矢部一郎
第63回日本神経学会学術大会 ホットトピックス10
講演題名:Sez6l2抗体と小脳性運動失調症
日時:2022年5月21日
矢部一郎 第63回日本神経学会学術大会 ホットトピックス09
講演題名:進行性核上性麻痺および類縁疾患のGenetics
日時:2022年5月20日
白井慎一,矢部一郎,
林 宏至,手嶋 剛,
浅井克仁,村松慎一,
岡澤 均
日本小脳学会第12回学術集会・総会(Web開催)
講演題名:脊髄小脳失調症1型における遺伝子治療医師主導治験実施にむけて
日時:2022年3月11日
矢部一郎 第39回日本神経治療学会学術集会 マラソンレクチャー
講演題名:脊髄小脳変性症の最近の話題
日時:2021年10月29日
柴田有花,矢部一郎 日本人類遺伝学会第66回大会 第28回日本遺伝子診療学会大会 合同開催 シンポジウム6
講演題名:遺伝性神経・筋疾患の発症前診断に関する現状と課題
日時:2021年10月14日
矢部一郎 日本消化器病学会北海道支部第21回専門医セミナー(Web開催)
講演題名:腫瘍領域における遺伝カウンセリング
日時:2021年9月5日
矢部一郎 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業
神経変性疾患領域の基盤的調査研究班 令和3年度ワークショップ
講演題名:成人期発症遺伝性神経・筋疾患における未発症者遺伝子診断の現状と今後の課題
日時:2021年7月9日
矢部一郎 第62回日本神経学会学術大会 教育コース20
講演題名:神経遺伝学 基礎の基礎
日時:2021年5月22日
矢部一郎 第62回日本神経学会学術大会 第18回日本神経学会生涯教育セミナー「レクチャー」
講演題名:脊髄小脳変性症の臨床update
日時:2021年5月22日
松島理明 第62回日本神経学会学術大会 ランチョンセミナー41
講演題名:エビデンスと臨床経験から考えるATTRvアミロイドーシス診療のこれから
「当院における臨床経験から日常診療を考える」
日時:2021年6月22日
Masaaki Matsushima,
Ichiro Yabe,
Hidenao Sasaki
第62回日本神経学会学術大会 シンポジウム34
講演題名:Real-world data of autonomic dysfunction in Hokkaido Rare disease Consortium for MSA (HoRC-MSA) Study
日時:2021年5月21日
白井慎一,
矢部一郎,
佐々木秀直
第62回日本神経学会学術大会 ホットトピックス05
講演題名:運動失調症におけるバイオマーカー開発
日時:2021年5月20日
松島理明 第38回日本神経治療学会学術集会 ランチョンセミナー9
講演題名:非集積地における遺伝性ATTRアミロイドーシス診療の実際
日時:2020年10月29日
矢部一郎 第61回日本神経学会学術大会 ホットトピックス13
講演題名:タウオパチー病態に関与する素因遺伝子
日時:2020年9月1日
会場:岡山コンベンションセンター
矢部一郎 第61回日本神経学会学術大会 レクチャーマラソン01
講演題名:神経変性疾患の脳画像
日時:2020年8月31日
会場:岡山県医師会会館

全国学会一般演題

一般演題数

2021年度 22題 2020年度 18題 2019年度 11題
2018年度 21題 2017年度 15題 2016年度 18題
2015年度 21題 2014年度 19題 2013年度 14題
2012年度 17題 2011年度 22題 2010年度 21題
2009年度 24題 2008年度 27題 2007年度 23題

このページの最上部へ

国際学会一般演題

国際学会一般演題 過去の開催履歴はこちら

Abe M., et al Japanese cases of Sez6l2 autoimmunity.
International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,
Online, 9/15-9/18, 2022
Kudo A., et al Detection of specific antigens in immune-mediated cerebellar ataxia.
International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,
Online, 9/15-9/18, 2022
Wakita M, Nagai A,
Yaguchi H, Yabe I
Mutation analysis of BSN gene in patients with multiple system atrophy.
MDS Virtual Congress 2021 of Parkinson's Disease and Movement Disorders,
Virtual Congress, 9/17-9/22, 2021
Takahashi-Iwata I, Shirai S,
Matsushima M, Yaguchi H,
Tanikawa S, Tanaka S,
Yabe I
Elderly-onset ALS sister cases, without known gene mutations.
PACTALS (Pan-Asia Consortium for Treatment and Research in ALS) 2021 NAGOYA,
September 17th-18th, 2021
Yaguchi H Incidence of anti-NMDAR encephalitis in patients undergoing resection of ovarian teratoma in a single Institution. 13th Asian & Oceanian Epilepsy Congress, 6/10-6/13, 2021
Matsushima M., et al Epidemiological study of multiple system atrophy: data from HoRC-MSA Project 2014-2019.
23rd International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,
Nice, France, 9/22-9/26, 2019
Sato C., et al Quantitative evaluation of gait ataxia of Multiple System Atrophy patients.
23rd International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders,
Nice, France, 9/22-9/26, 2019
Takahashi I., et al Evaluation of microRNAs in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis by
liquid biopsy as a disease biomarker.
AAN 2019 Annual Meeting, Philadelphia, USA, 5/4-5/10, 2019
Uwatoko H., et al Expression change of plasma microRNAs in multiple system atrophy and Parkinson’s disease.
AAN 2019 Annual Meeting, Philadelphia, USA, 5/4-5/10, 2019
Shirai S., et al A comparison of relative displacement by double integration with root mean square in the quantitative evaluation of gait ataxia by triaxial accelerometers.
22nd International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Hong Kong, China, 10/5-10/9, 2018
Matsushima M., et al Department of Health and Welfare, Hokkaido Government, HoRC-MSA study group. Usefulness of a simple symptom assessment scale for multiple system atrophy: data from HoRC-MSA Project. 22nd International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Hong Kong, China, 10/5-10/9, 2018
Shibata Y., et al Hereditary ATTR amyloidosis with a pseudo-homozygous Ala120Ser (p.Ala140Ser) transthyretin mutation due to a primer site polymorphism.
16th International Symposium on Amyloidosis, Kumamoto, Japan 3/26-3/29, 2018