学会発表

シンポジウム・教育公演・セミナー等 過去の開催履歴

松島理明 シンポジウム なおる神経内科03-MSAの臨床試験(現状と課題)
第57回日本神経学会学術大会
神戸コンベンションセンター・神戸ポートピアホテル,神戸,2016年5月18日~21日
矢部一郎 生涯教育 教育コース21-小脳性運動失調症をきたす疾患とその診かた
第57回日本神経学会学術大会
神戸コンベンションセンター・神戸ポートピアホテル,神戸,2016年5月18日~21日
矢部一郎 ランチョンセミナー42-神経内科で遭遇する希少疾患“ファブリー病”
第57回日本神経学会学術大会
神戸コンベンションセンター・神戸ポートピアホテル,神戸,2016年5月18日~21日
佐々木秀直 特別企画シンポジウム-新・神経内科専門医制度について
パネリスト
第57回日本神経学会学術大会
神戸コンベンションセンター・神戸ポートピアホテル,神戸,2016年5月18日~21日
佐々木秀直 脊髄小脳変性症31型の臨床
第55回日本神経病理学会学術研究会 セミナー “脊髄小脳失調症31型 の臨床と神経病理”
学術総合センター,2014年6月6日
佐久嶋 研 多系統萎縮症の臨床像ー特定疾患臨床調査個人票を用いた疫学研究から 
第56回日本神経学会学術大会 シンポジウム
“unsolved clinical and genetic questions in multiple system atrophy”
朱鷺メッセ,2015年5月22日,新潟
矢部一郎 運動失調症の新しい定量的評価法;正確な効果判定のために
第31回日本神経治療学会総会 シンポジウム5
「進化する脊髄小脳変性症治療-新たなステージへ-」
東京ドームホテル,2013年11月22日,東京
矢部一郎,
佐々木秀直
染色体構造変化:多系統萎縮症でのアプローチ
第54回日本神経学会学術大会 シンポジウム「孤発性疾患における遺伝子異常の探索法」
東京国際フォーラム, 2013年6月1日,東京
佐々木秀直 脊髄小脳変性症 最近の進歩
第110回日本内科学会講演会 教育講演4
東京国際フォーラム,2013年4月12日,東京
佐々木秀直 多系統萎縮症の自律神経障害について
第65回日本自律神経学会総会教育セミナー4
都市センターホテル,2012年10月25日,東京
佐々木秀直 ゲノム構造多型と神経変性疾患
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究」班平成24年度ワークショップ
都市センターホテル,2012年8月24日,東京
佐々木秀直 頸椎症の臨床
平成23年度日本内科学会生涯教育講演会Aセッション(第2回)
山形テルサ,2011年9月11日,山形
矢部一郎 運動失調症のバイオマーカー・サロゲートマーカー
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究」班平成23年度ワークショップ
都市センターホテル,2011年9月4日,東京
矢部一郎 脊髄小脳変性症とめまい
日本めまい平衡医学会,興和ホール,2011年7月30日,東京

このページの最上部へ

全国学会一般演題 過去の開催履歴

国際学会シンポジウム・講演等

矢部一郎 Cerebellar ataxia in Japan,
Houston Methodist Research Institute Lecture,
2017年3月20日, Houston, TX, USA
佐々木秀直 Genetic news in multiple system atrophy,
16th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,Convention Centre Dublin,2012年5月21日,Dubrin, Ireland
新野正明 治療法の開発をめざして「臨床からの展望」,
第49回日本神経学会総会シンポジウム,パシフィコ横浜,2008年5月16日,横浜
緒方昭彦 SSPE脳内における抗ウイルス蛋白MxAの発現,
第12回日本神経感染症学会総会シンポジウム,九州大学医学部百年講堂,2007年10月12日,福岡
佐々木秀直 神経内科コア・カリキュラムの現状と問題点,
第48回日本神経学会総会シンポジウム,名古屋国際会議場,2007年5月17日,名古屋
佐々木秀直 遺伝性脊髄小脳変性症の臨床と分子遺伝学,
第48回日本神経学会総会教育講演,名古屋国際会議場,2007年5月17日,名古屋
矢部一郎 脊髄小脳変性症~疾患理解のための基礎知識と最近の進歩,
第4回日本神経疾患医療・福祉従事者学会,ホテル日航東京,2006年9月2日,東京

このページの最上部へ

国際学会一般演題 過去の開催履歴

Matsushima M., et al The score changes of clinical symptom assessment scales for multiple system atrophy in 2-3 years. 20th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders, Berlin, Germany, 6/19-6/23, 2016
Matsushima M., et al Comparison of different symptom assessment scales for multiple system atrophy – second report-.
18th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders, ( Stockholm, Sweden. 6/8-6/12, 2014)
Yabe, I., et al 1H-MRS and 31P-MRS findings in Machado-Joseph disease. 17th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders(June 16-23, 2013, Sydney, Australia)
Matsushima, M., et al Comparison of different symptom assessment scales for multiple system atrophy. 17th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders(June 16-23, 2013, Sydney, Australia)
Yabe I., et al Pathology of Frontotemporal Dementia with LGMD Caused by DNAJB6 Mutation. 65th AAN Annual Meeting (March 21, 2013, San Diego, USA)
Sakushima K., et al Association between falls and urinary disturbance in Parkinson's disease. 16th EFNS Congress (Sep 9, 2012, Stockholm, Sweden)
Yaguchi H., et al RNF-EN regulates Ras activity via degradation of 80K-H. Neuroscience 2011 (Nov 15, 2011, Washington, U.S.A)
Hirotani M., et alDecreased interferon-alpha production in response to CpG DNA dysregulates cytokine responses in patients with multiple sclerosis. ECTRIMS 2010 (Oct 13-16, 2010, Gothenburg, Sweden)
Otsuki M., et al Progressive Foix-Chanvany-Marie syndrome: clinicopathological investivation. 19th Meeting of the European Neurological Society (June 23, 2009, Milan, Italy)
Nakamura M., et al Relationship between Barkhof criteria and clinical features of multiple sclerosis in northern Japan. 25th Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis (Sep 9-12, 2009, Congress Center Dusseldorf, Dusseldorf, Germany)
Kano T., et al The E3 ubiquitin ligase TRIM37 interacts with FIP200, which regulates autophagy with ULKs. The 5th International Symposium on Autophagy: Molecular Mechanism, Cellular and Physiological Functions and Diseases (September 24-28, 2009, Otsu Prince Hotel, Otsu, Japan)
Niino M Genetic Analysis of MS in Japan. Pan-Asian Committee on Treatment and Research of Multiple Sclerosis (PACTRIMS). (Nov 20-21, 2009, J W Marriotte Hotel, Hong Kong, China)
Tsuji-Akimoto S., et al Writing Error in Japanese ALS. 20th International Symposium on ALS/MND (December 8-10, 2009, Maritim Hotel Berlin, Berlin, Germany)
Yabe, I., et al 11C-Flumazenil PET study in ALS,
19th World Congress of Neurology, Bangkok,
2009
Niino, M., et al Changes in memory and naive B-cell subsets according to therapy and disease status in MS patients,
25th Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis, Dusseldorf,
2009
Hirotani, M., et al Immunoregulatory function mediated by Toll-like receptor 9 in B-cells in multiple sclerosis,
25th Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis, Dusseldorf,
2009
Yabe, I., et al Skeletal muscle energy metabolism in Machado-Joseph disease,
12th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Chicago,
2008
Otsuki, M., et al Slowly Progressive Foix-Chavany-Marie Syndrome (FCMS),
18th Meeting of the European Neurological Society, Nice, 2008
Hirotani, M., et al Correlation between DJ-1 Levels in Cerebrospinal Fluid and Progression of Disability in
Patients with Multiple Sclerosis,
The American Academy of Neurology 60th Annual Meeting, Chicago, 2008
Soma, H., et al Associations between multiple system atrophy and polymorphisms of SLC1A4,
SQSTM1
, and EIF4EBP1 genes,
XVII WFN World Congress on Parkinson's Disease and Related Disorders, Acsterdam,
2007
Tashiro, J., et al Role of p53 in neurotoxicity induced by the endoplasmic reticulum stress agent
tunicamycin in organotypic slice cultures of rat spinal cord,
18th International Symposium on ALS/MND, Toronto, 2007
Niino, M., et al B cells in MS patients exhibit an abnormal effector cytokine profile under Th1
environment,
23rd Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple
Sclerosis (ECTRIMS), Prague, 2007
Houzen, H., et al Increasing risk of multiple sclerosis in Japan,
23rd Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple
Sclerosis (ECTRIMS), Prague, 2007
Yabe, I., et al Usefulness of the Scale for Assessment and Rating of Ataxia (SARA),
11th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Istanbul,
2007
Miyazaki, Y., et al Functional and phenotypical analysis of CD28-CD4 T cells in patients with multiple
sclerosis,
The 8th International Congress of Neuroimmunology, Nagoya, 2006
Tsuji, S., et al Bone marrow stromal cells promote proliferation of potential neural stem cellsin
organotypic spinal cord slice cultures,
16th International Symposium on ALS/MND, Dublin, 2005