研究

脊髄小脳変性症

運動失調症に関する研究脊髄小脳変性症(SCD)はおもに小脳およびそれと機能的に関連している神経系統に限局した変性をきたす疾患群の総称です。その中には、発病年齢や症状の異なった複数の疾患があり、各々の原因も異なっています。診断には専門医による詳細な神経学的診察と簡単な検査が必要です。原因については、遺伝性SCDにおいては当該遺伝子と起因変化が特定されていますが、20%程度はまだ原因が特定されていません。さらに、全SCDの70%程度を占める非遺伝性SCDについては、原因は不明のままです。北大神経内科は日本中のたくさんの共同研究施設と連携しながら、治療に役に立つ手がかりを得ることを目標に研究を行っています。

このページの最上部へ

HoRC-MSA

北大神経内科では多系統萎縮症(MSA)の患者さんを対象に、この病気の自然歴調査や疫学研究を目的としたコホート構築に取り組んでいます。対象は北海道内に居住しているMSA患者さんです。MSAの克服に向けてご支援をお願いいたします。詳細はHoRC-MSAホームページを是非、御参照ください。

HoRC-MSAホームページへ

このページの最上部へ

神経疾患のバイオマーカー

現在、神経変性疾患、免疫性神経疾患(アルツハイマー病などの認知症疾患、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症など)の診断は、診察と画像検査によってなされていますが、その病気の活動度や重症度を評価することに役立つ血液、髄液や尿中の分子マーカーを探索する研究を行なっています。さらに新たな神経生理学的検査や新たな脳画像解析法を考案してその有効性を検証しています。これらの指標の活用して、われわれは共同研究施設と協力して、診断と重症度評価に役立つ物質を発見して、より早く病気を診断し、適切に病気の進行の評価をし、そしてよりよい治療ができるようにすることを目標に研究を行っています。

神経疾患のバイオマーカー開発に関する研究

このページの最上部へ

免疫性神経疾患

多発性硬化症を中心にリンパ球機能解析、遺伝子多型解析、疫学研究をおこなっています。多発性硬化症は脳・脊髄・視神経を病変とする炎症性脱髄疾患で、「時間的」かつ「空間的」に多発することが特徴です。予てより多発性硬化症の有病率は高緯度地域で高いことが報告されており、日本においても特に北海道で有病率が高いことから、当教室では精力的に臨床研究を行っています。北海道十勝地区で行った疫学研究では人口10万人あたりの有病率が8.6(2001年)から13.1(2006年)と大きく上昇しており、また病型も脳病変が主体の多発性硬化症が増えていることを報告しました。これは日本における多発性硬化症の臨床像が変化していること、いわゆる「多発性硬化症の欧米化」を証明した貴重な報告です。当教室では疫学研究で得られた新知見について免疫学的、遺伝学的な角度からも検討しています。特にToll-like receptorやⅠ型インターフェロン産生機構を中心とする自然免疫システムが「多発性硬化症の欧米化」に影響している可能性を検討しています。このような自然免疫システムは近年注目されている腸管免疫システムに重要な役割を果たしていると考えられていることから、腸管免疫システムが多発性硬化症に与える影響を検討し、将来的には腸内細菌叢を変化させること(プロバイオティクス)で多発性硬化症を予防できるよう研究を推し進めています。

本邦における多発性硬化症の有病率上昇と病型変化

このページの最上部へ

筋疾患

筋疾患に関する研究北大神経内科では、生検筋組織の標本作製と病理組織診断を一貫して行っています。通常の組織化学染色に加えて、免疫組織染色や遺伝子検査も行っています。院内他科はもとより、道内各地の基幹病院神経内科から検体を受け付けています。
診断は筋病理に詳しい専門医により行われています。さらに鏡検画像をデジタル画像化して、基幹病院と教室を結んでweb上で「病理カンファレンス」を開催することにより、各施設神経内科医も討議に参加して意見交換しています。この体制構築により、遠隔地であっても筋疾患の診療と卒後研修が可能となりました。

このページの最上部へ

高次脳機能障害

高次脳機能障害に関する研究神経変性疾患には多様な疾患が含まれ、神経疾患ごとにさまざまな高次脳機能障害を伴うとされています。アルツハイマー病などの認知症関連疾患では、その特徴が十分に検討されていますが、運動症状を主症状とする神経変性疾患(例えば、パーキンソン病や多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー)では、その特徴については十分に検討されてはいません。大部分の神経疾患は運動症状が進行し、療養生活を余儀なくされますが、適切な療養体制の立案に際しては、現時点でどのような高次脳機能障害が存在し、今後どのような高次脳機能障害が発症し得るのか予測することが重要です。例えば高次脳機能障害の特徴が明らかにされているアルツハイマー病や前頭側頭型認知症では、その特徴から前者は記銘力障害による症状への対策を中心的に講じる必要があり、後者では性格変化や常同行動を念頭においた療養体制の構築が必要です。このように、各疾病における高次脳機能障害の特徴が明らかとなれば、それは介護計画を作成するにあたり重要な指標となります。北大神経内科には専属の臨床心理士が配置されていて、神経心理検査が日常診療の中で行われています。

このページの最上部へ

遺伝子解析

北大神経内科では、sequence解析、array CGHによるゲノムコピー数多型解析、定量PCR解析、マイクロRNA解析などを行い、診療および研究に活用しています。研究室には遺伝子解析に関する最新機器が整備されています。

遺伝子解析研究